ブログ

HOME > ブログ

2012年05月09日

連休が終わりました。
新緑が眩しい時節です。 寒かったこの冬は、それが緩むと一気に桜が開花し、強風が花びらを舞い散らせて、その後に続くツツジもそろそろ盛りが過ぎているように感じます。この時期は自然の息吹を感じることが多いだけに、その移り変わりもせわしないように見えます。 連休が終わり、学校生活の日常が戻りました。新入生は入学式からひと月経ち、先般の、オリエンテーションの総決算である校外での2泊3日の合宿も経験して、半分以上は『ヒガシの生徒』になっていると思います。 合宿の中で「今、何%くらい東福岡の生徒?」と何人かに尋ねましたところ、ある生徒は「17%」、また別の生徒は「60%」と答えました。「へぇ、60%は立派、合宿が終われば80%くらいにはなりますよ。17%の君も、50%にはなっているはず」 合宿が終わった数日後、やり取りした生徒と会いましたので、「現在は?」「60%です」「あれ?あの時すでに60%だったけれど」「あっ、65%です!」(?) 1年生のみんなが、一日も早く『ヒガシの生徒に変身』するように願っています。   連休中に、吹奏楽部の『第9回定期演奏会』が本校記念講堂で開催されました。初の校内での開催、そして念願の『定期』の二文字が付きました。入部して初めて楽器に触れるという生徒がほとんどで、しかも慢性的に部員不足に悩んでいる状況の中、12月の予餞会での演奏に比べ、格段の上達ぶりに感心しました。 男子校吹奏楽の力強いサウンドに酔いしれながら、部員がもっと増えれば、さらに素晴らしい音楽を提供できるのに…。約200人の聴衆の盛んな拍手を聞きながらそう思い続けていました。 ヒガシの部活動はスポーツだけじゃない!   (K)
  • <<
  • 1
  • >>