東福岡高等学校

HOME > 東福岡高等学校 > 部活動

部活動

書道部


部活動内容・紹介

入部生徒のほとんどは、未経験者。
何事においても集中力をつけ、自ら率先して行動できることを目標として掲げ、日々紙面に向かって練磨している。

主な実績

第26回成田山全国大会 文部科学大臣賞(3席)
日中友好少年少女書道交流団員中国派遣日本代表
第32回朝日学生書道展 特別賞2名
第15回全日本高校大学生書道展 書道展大賞2名
第66回福岡県美術展・書部門 入選9名
第32回讀賣学生書道展 文部科学大臣奨励賞(1席)含む特別賞4名
第52回全国書道展 外務大臣賞(2席)を含む特別賞5名・団体賞8席
第36回西日本書美術展 選抜作家推薦賞17名
第1回全国青少年書き初め大会 国立新教育理事長賞(3席)団体賞3位
第47回全日本書初め大展覧会 特別賞1名
第45回福岡市美術展・書部門 福岡市長賞(最高賞1席)1名 入選12名


年度別実績
  • 平成28年度実績
  • 平成27年度実績
  • 平成26年度実績
  • 平成25年度以前の実績

平成28年度第31回福岡県高等学校総合文化祭書道部門
場所:九州国際大学付属高校 10月22日(土)
本校から3名出場し、松本弘君(2年)が漢字創作の部で
全国大会(来年7月・宮城県)出場決定!
12月13日~18日の間、宗像ユリックスにて展示があります)


平成28年度第31回高文連書道部門 福岡地区 席上揮毫大会
場所:須恵高校 9月24日(土)
参加者:475名(82名が県大会へ)
江田 感(3年)  
松本弘(2年)   
柴田琢実(1年)
上記3名が県大会へ

第72回福岡県美術展・書部門
会場:福岡県美術館
会期:9月6日(火)~9月11日(日)
二神彰太(3年)
江田 感(3年)
松田航太(2年)
松本弘(2年)
柴田琢実(1年)




平成28年度全国高等学校総合文化祭
場所:広島県立広島産業会館・広島市南区民文化センター
7月30日(土)~8月3日(水)
江田感君(3年)が参加



第21回全日本高校・大学生書道展
主催:日本書芸院・読売新聞社
会期:8月16日(火)~21日(日)  
会場:大阪市立美術館
出品点数:11051点
個人:
書道展大賞(1席) 二神彰太(3年) 漢字部門
展賞(2席) 江田 感(3年)  漢字部門
展賞(2席) 江田 感(3年)  調和体部門
展賞(2席) 志岐拓海(3年)  漢字部門
展賞(2席) 伊藤俊輔(3年)  漢字部門
優秀賞(3席)伊藤俊輔(3年)  調和体部門
優秀賞(3席)林 将仁(2年)  漢字部門
優秀賞(3席)林 将仁(2年)  調和体部門
優秀賞(3席)二神彰太(3年)  調和体部門
優秀賞(3席)皆吉理央(2年)  漢字部門
団体: 9位




第13回九州・山口・沖縄代表書作家展
会期:7月12日(火)~18日(月)
福岡県立美術館にて展示 朝日新聞社主催
本校の教員およびOBの皆さんが出品いたします。
岩田海道先生(書道科)・本松嶽仙先生(書道科・25期卒)・松原宏仙さん(23期卒)・谷村魁秀さん(25期卒)
また、併催イベントして九州選抜高校書道展が行われ、本校書道部が出品する8校のうちの1つに選ばれました。

第50回福岡市美術展・書部門
会期:3月8日(火)~13日(日)
会場:福岡市美術館
五島大樹(3年)  奨励賞
石橋航也(3年)  入選
森山量太(3年)  入選
二神彰太(2年)  入選
江田 感(2年)  入選
松本 弘(1年)  入選


第37回讀賣学生書道展
会期:1月13日(水)~1月17日(日)
会場:福岡市美術館
13715点出品
浜元大輔(3年) 讀賣学生大賞
石橋航也(3年) 琉球新報大賞
志岐拓海(2年) 福岡県知事賞
江田 感(2年) 大分県知事賞
伊藤俊輔(2年) 福岡県教育委員会賞

第51回全九州新春書道展
会期:1月8日(金)~10日(日)
会場:久留米石橋美術館
約600点出品
森山量太(3年) 福岡県知事賞 
江田 感(2年) 福岡県議会議長賞
石橋航也(3年) 福岡県美術協会賞
志岐拓海(2年) 久留米市長賞
松本 弘(1年) 八女市長賞

第57回全国書道展
場所:大東文化大学
会期:11月29日(日)
【個人賞】
江田 感(1年) 全日本書道連盟賞
五島大樹(3年) 書道研究所所長賞
石橋航也(3年) 理事長賞

第41回西日本書美術展
会期:11月17日(火)~23日(月・祝)
福岡市美術館にて展示
森山量太(3年) 選抜作家会員
五島大樹(3年) 選抜作家会員
浜元大輔(3年) 選抜作家会員
石橋航也(3年) 選抜作家会員
伊藤俊輔(2年) 選抜作家会員
二神彰太(2年) 選抜作家会員
江田 感(2年) 選抜作家会員
志岐拓海(2年) 選抜作家会員
皆吉理央(1年) 選抜作家推薦賞
三原辰夫(1年) 選抜作家推薦賞
平川徳丸(1年) 選抜作家推薦賞
林 将仁(1年) 選抜作家推薦賞
松本 弘(1年) 選抜作家推薦賞
松田航太(1年) 選抜作家推薦賞



平成27年度第29回高文連書道部門 福岡県大会
場所:福岡工業大学 10月19日(土)
石橋航也(3年)  特選
江田 感(2年)  全国大会出場決定!



第71回福岡県美術展・書部門
会場:福岡県美術館
会期:9月3日(火)~9月8日(日)
森山量太(3年) 入選
石橋航也(3年) 入選
浜元大輔(3年)
五島大樹(3年)
伊藤俊輔(2年)
二神彰太(2年)
江田 感(2年)
志岐拓海(2年)
皆吉理央(1年)
三原辰夫(1年)
平川徳丸(1年)
林 将仁(1年)
松本 弘(1年)
松田航太(1年)



第20回全日本高校・大学生書道展
主催:日本書芸院・読売新聞社
会期:8月18日(火)~23日(日)  
会場:大阪市立美術館
個人:
書道展大賞(1席) 森山 量太(3年) 漢字部門
展賞(2席)    調和体部門
展賞(2席) 伊藤俊輔(2年)  漢字部門
展賞(2席) 江田 感(2年)  漢字部門
展賞(2席) 石橋航也(3年)  調和体部門 
展賞(2席) 石橋航也(3年)  漢字部門
展賞(2席) 浜元大輔(3年)  漢字部門
団体: 9位


第12回九州・山口・沖縄代表書作家展
会期:7月14日(火)~20日(月)
福岡市美術館にて展示
本校の教員およびOBの皆さんが出品いたします。
岩田海道先生(書道科)・本松嶽仙先生(書道科・25期卒)・松原宏仙さん(23期卒)・谷村魁秀さん(25期卒)
また、併催イベントして九州選抜高校書道展が行われ、本校書道部の作品が出品されます。

第49回福岡市美術展・書部門
会期:3月11日~23日
会場:福岡市美術館
福岡市長賞・・榊晴海(3年)
入選・・・・・西川瞬(3年)
入選・・・・・清水智弘(3年)
入選・・・・・森山量太(2年)
入選・・・・・五島大樹(2年)
入選・・・・・石橋航也(2年)
入選・・・・・梅津天斗(1年)
入選・・・・・江田感(1年)
入選・・・・・岡部将大(1年)
入選・・・・・大畑洸成(1年)
入選・・・・・伊藤俊輔(1年)
入選・・・・・志岐拓海(1年)


第50回全九州新春書道展
会期:1月7日(火)~13日(月)
会場:福岡市美術館
約600点出品
榊 晴海(3年) 50回記念大賞
森山 量太(2年)福岡県教育委員会賞
藤田 蒼磨(3年)福岡県美術協会賞

読売書き初めコンクール
1月6日(月) 読売新聞紙上
江田 感(1年) 入選


第40回西日本書美術展
会期:12月17日(火)~23日(月・祝)
会場:福岡市美術館
特別賞2名


第56回全国書道展
場所:大東文化大学
会期:12月1日(日)
24088点出品
【個人賞】
江田 感(1年) 東京都知事賞(3席)
林 聖(3年)  全国書道高等学校協議会賞
榊 晴海(3年) 大東書道大賞
【団体賞】
全日本書道連盟賞(8席)


第36回讀賣学生書道展
会期:1月20日(火)~1月25日(日)
会場:福岡市美術館
13715点出品
藤田 蒼磨(3年) 文部科学大臣奨励賞(1席)
森山 量太(2年) 讀賣学生準大賞
林 聖(3年)   福岡県知事賞
江田 感(1年)  佐賀県知事賞
榊 晴海(3年)  福岡県教育委員会賞
石橋 航也(2年) 山口県教育委員会賞


平成26年度第28回高文連書道部門 福岡県大会
場所:飯塚市体育館
会期:11月5日(火)~10日(日)
創作部門特選1名


平成26年度高文連書道部門 福岡地区 席上揮毫大会
場所:太宰府高校
会期:9月27日(土)
県大会出場3名

宮地嶽条幅揮毫大会
後援:西日本新聞社 
場所:宮地嶽神社(福津市)
会期:9月15日(日)
榊 晴海(3年) 福岡県知事賞
他、特別賞多数


第70回福岡県美術展・書部門
会場:福岡県美術館
会期:9月3日(火)~9月8日(日)
松村 駿作(3年) 入選(硯山)



第19回全日本高校・大学生書道展
主催:日本書芸院・読売新聞社
会期:8月20日(火)~25日(日)  
会場:大阪市立美術館
応募総数:10960
個人:
書道展大賞(1席) 榊晴海(3年) 漢字部門
展賞(2席) 榊晴海(3年)   調和体部門
展賞(2席) 林聖(3年)    漢字部門
展賞(2席) 藤田蒼磨(3年)  漢字部門
展賞(2席) 藤田蒼磨(3年)  調和体部門 
展賞(2席) 清水智弘(3年)  漢字部門
展賞(2席) 浜元大輔(2年)  漢字部門

第30回成田山全国競書大会
会場:成田山書道美術館
会期:4月1日(火)~20日(日) 129598点
日中友好少年少女書道交流団員中国派遣日本代表 
文部科学大臣賞 榊晴海(2年)




第48回福岡市美術展・書部門
入選・・・光瀬千騎(3年)
入選・・・後藤 佑太朗(3年)
入選・・・玉田泰資(3年)
入選・・・西川瞬(2年)
入選・・・清水智弘(2年)
入選・・・藤田蒼磨(2年)
入選・・・榊晴海(2年)
入選・・・松村駿作(2年)
入選・・・中田智基(2年)


平成25年度 第35回読売学生書道展
2014年1月28日(火)~2月2日(日) 福岡市美術館にて展示
14434点出品
榊晴海(2年)・・・・・文部科学大臣奨励賞
林聖(2年)・・・・・・琉球新報大賞
光瀬千騎(3年)・・・・福岡県知事賞
後藤佑太朗(3年)・・・長崎県知事賞
西川瞬(2年)・・・・・福岡県教育委員会賞




読売書き初めコンクール
日時:1月6日 39都道府県から2290点、その中の高校生653点中
特選(1席)・・・榊晴海(2年)
佳作・・・・・・・後藤 佑太朗(3年)・中田智基(2年)


第39回西日本書美術展
会期:12月17日(火)~23日(月・祝)
福岡市美術館にて展示
光瀬 千騎(3年) 選抜作家会員 直方市長賞
清水 智弘(2年) 選抜作家会員 春日市長賞


第55回全国書道展
会期:12月1日(日)
場所:大東文化大学にて 
出品:23068点出品
<団体>
全国書道高等学校協議会賞
<個人>
清水智弘(2年) 外務大臣賞(2位)
光瀬千騎(3年) 全国書道高等学校協議会賞 


宮地嶽条幅揮毫大会
後援:西日本新聞社 
日時:9月15日
場所:宮地嶽神社(福津市)
県知事賞・・・・・・・・・光瀬千騎(3年)
県議会議長賞・・・・・・・榊晴海(2年)
県教育委員会賞・・・・・・後藤佑太朗(3年)
福津市長賞・・・・・・・・前田蒼磨(2年)
宗像市教育委員会賞・・・・岡 優佑(3年)  



第69回福岡県芸術展覧会
会期:9月3日(火)~8日(日)
福岡県立美術館にて展示
光瀬千騎(3年)   入選
玉田泰資(3年)   入選
後藤 佑太朗(3年)  入選
岡 優佑(3年)   入選
松村 駿作(2年)  入選
林聖(2年)     入選
西川瞬(2年)    入選
藤田蒼磨(2年)   入選
五島大樹(1年)   入選
松尾和彦(本校書道科)福岡県知事賞
森田啓司(本校国語科)岩田屋三越賞


第18回全日本高校・大学生書道展
主催:日本書芸院・読売新聞社
会期:8月20日(火)~25日(日)  
会場:大阪市立美術館
団体:第5位
個人:
書道展大賞(1席) 後藤 佑太朗(3年) 漢字部門
展賞(2席) 光瀬千騎(3年)  漢字部門
展賞(2席) 玉田泰資(3年)  漢字部門
展賞(2席) 玉田泰資(3年)  調和体部門
展賞(2席) 後藤 佑太朗(3年) 調和体部門 
展賞(2席) 榊晴海(2年)   漢字部門
展賞(2席) 中田智基(2年)  調和体部門
展賞(2席) 林聖(2年)    漢字部門
展賞(2席) 清水智弘(2年)  調和体部門
優秀賞代表  西川瞬(2年)
★後藤君・玉田君は2部門でダブル受賞!


第29回成田山全国競書大会
日時:4月21日まで・・・千葉県成田山書道美術館
   5月1日~31日・・成田山新勝寺大本堂第二講堂

成田山賞 後藤 佑太朗(3年)

平成24年度の主な記録
第47回福岡市美術展・書部門
3月12日(火)~24日(日)の間、福岡市美術館で展示
入選・・・原正人(3年)
入選・・・村瀬颯(3年)
入選・・・宮田凌雅(3年)
入選・・・光瀬千騎(2年)
入選・・・後藤 佑太朗(2年)
入選・・・岡 優佑(2年)
入選・・・玉田泰資(2年)
入選・・・林聖(1年)
入選・・・清水智弘(1年)
入選・・・藤田蒼磨(1年)
入選・・・榊晴海(1年)

平成24年度第34回読売学生書道展
日時:2013年会期2月13日(水)~2月17日(日)
場所:福岡市美術館にて展示
14399点出品
光瀬 千騎(2年)・・・讀賣学生準大賞(4席)
宮田 凌雅(3年)・・・太宰府天満宮賞
原 正人(3年)・・・・福岡県知事賞
藤田 蒼磨(1年)・・・長崎県知事賞
玉田 泰資(2年)・・・福岡市長賞

第48回全九州新春書道展
会期:1月16日 福岡市美術館にて
県知事賞(第1席)・・・原 正人(3年)


読売書き初めコンクール
日時:1月7日 高校生931点中
佳作・・・村瀬 颯(3年)
入選・・・高橋 玄祥(3年)

第38回西日本書美術展
会期:12月18日(火)~24日(月・祝)
福岡市美術館にて展示
高橋 玄祥(3年)・・・選抜作家会員(佳作)
野村 鴻太(3年)・・・選抜作家会員
長田 凌(3年)・・・選抜作家会員
菊池 颯馬(3年)・・・選抜作家会員
原 正人(3年)・・・選抜作家会員
村瀬 颯(3年)・・・選抜作家会員
宮田 凌雅(3年)・・・選抜作家会員
前田 卓也(3年)・・・選抜作家会員
光瀬 千騎(2年)・・・選抜作家会員
後藤 佑太朗(2年)・・・選抜作家会員
岡 優佑(2年)・・・選抜作家会員
玉田 泰資(2年)・・・選抜作家推薦賞
清水 智弘(1年)・・・選抜作家推薦賞
西川 瞬(1年)・・・選抜作家推薦賞
藤田 蒼磨(1年)・・・選抜作家推薦賞
榊 晴海(1年)・・・選抜作家推薦賞
中田 智基(1年)・・・選抜作家推薦賞
松村 駿作(1年)・・・選抜作家推薦賞


第54回全国書道展
日時:11月18日(日)
場所:大東文化大学にて
榊 晴海(1年) 外務大臣賞(2位)


第68回福岡県芸術展覧会
会期:9月4日(火)~9日(日)
福岡県立美術館にて展示
高橋玄祥(3年)・・・硯山
原正人(3年)・・・・墨扇堂
村瀬颯(3年)・・・・硯山
宮田凌雅(3年)・・・晩香堂
前田卓也(3年)・・・硯山
光瀬千騎(2年)・・・墨扇堂
後藤佑太朗(2年)・・晩香堂
岡優佑(2年)・・・・硯山


第17回全日本高校・大学生書道展
主催:日本書芸院・読売新聞社
会期:8月21日(火)~26日(日)
会場:大阪市立美術館
団体:第7位
個人:
書道展大賞 原正人(3年)
準大賞 高橋玄祥(3年)・村瀬颯(3年・漢字と調和体)・前田卓也(3年)・宮田凌雅(3年)






平成23年度の主な記録
第46回福岡市美術展・書部門
3月13日(火)~25日(日)の間、福岡市美術館で展示
入選・・・北原祐也(3年)
入選・・・吉松祐輔(3年)
入選・・・戸次崇彰(3年)
入選・・・高橋玄祥(2年)
入選・・・長田凌(2年)
入選・・・原正人(2年)
入選・・・村瀬颯(2年)
入選・・・小嶋大貴(1年)

読売書き初めコンクール
日時:1月6日 高校生758点中
特選・・・長田凌(2年)
佳作・・・北原祐也(3年)

第33回読売学生書道展
日時:平成12年1月11日(水)~15日(日)  
場所:福岡市県立美術館にて展示
15144点参加
文部科学大臣奨励賞(第1席)・・・北原祐也(3年)
読売学生準大賞(第3席)・・・・・高橋玄祥(2年)
福岡県知事賞・・・・・・・・・・・山口拓郎(3年)
佐賀県知事・県賞・・・・・・・・・前田卓也(2年)
長崎県知事・県賞・・・・・・・・・長田凌(2年)
福岡県教育委員会賞・・・・・・・・後藤佑太郎(1年)
福岡市長賞・・・・・・・・・・・・大田恭平(3年)
文部科学大臣奨励賞は、昨年に続き2年連続受賞
九州8県知事賞に3名が選ばれる。


学園祭で展示をおこないました。右上はその時の写真です。

第67回福岡県芸術展覧会
日時:9月6日(火)~9月11日(日)
場所:福岡県立美術館にて展示
3年 北原祐也、山口拓郎、戸次崇彰
2年 野村鴻太、前田卓也
1年 後藤佑太朗


宮地嶽条幅揮毫大会
後援:西日本新聞社 
日時:9月4日
場所:宮地嶽神社(福津市)
県知事賞・・・・・・・・・野村鴻太(2年)
県議会議長賞・・・・・・・山口拓郎(3年)
県教育委員会賞・・・・・・北原祐也(3年)
西日本新聞社賞・・・・・・高橋玄祥(2年)
宗像市長賞・・・・・・・・小嶋大貴(1年)
福津市長賞・・・・・・・・前田卓也(2年)
宗像市教育委員会賞・・・・後藤佑太朗(1年)
福津市教育委員会賞・・・・吉松祐輔(3年)


第16回全日本高校・大学生書道展
全国からの出品数10774点(高校は729校参加)より
団体:最優秀校(第1位)に選ばれました。
個人:
書道展大賞 北原祐也 
書道展賞 大田恭平 山口拓郎 高橋玄祥 野村鴻太 
原正人 村瀬颯 前田卓也




平成22年度の主な記録
第45回福岡市美術展・書部門
日時:3月1日~6日 
場所:福岡市美術館
増岡潤(3年) 福岡市長賞(1席)
藤嵜拓也(3年)入選
北原祐也(2年)入選
吉松祐輔(2年)入選
山口拓郎(2年)入選
戸次崇彰(2年)入選
前田卓也(1年)入選
宮田凌雅(1年)入選
長田凌(1年)入選
原正人(1年)入選
村瀬颯(1年)入選
高橋玄祥(1年)入選
野村鴻太(1年)入選


全日本書初め大展覧会
場所:日本武道館
吉松祐輔(2年)全国高等学校長協会賞(3席)
藤嵜拓也(3年)日本武道館賞
山口拓郎(2年)日本武道館賞
大田恭平(2年)日本武道館賞
長田凌(1年)日本武道館賞
野村鴻太(1年)日本武道館賞
増岡潤(3年)特選
北原祐也(2年)特選
戸次崇彰(2年)特選


第46回全九州新春書道展
日時:1月12日~16日  
場所:福岡県立美術館 約700点出品
藤嵜拓也(3年) 福岡県知事賞
戸次崇彰(2年) 福岡県議会議長賞
野村鴻太(1年)福岡県教育委員会賞
北原祐也(2年)福岡県美術協会賞


読売書き初めコンクール
日時:1月6日 高校生662点中
佳作 増岡潤(3年)、山口拓郎(2年)


第1回全国青少年書き初め大会
日時:1月4日
団体賞 国立青少年教育振興機構理事長賞(3席)
野村鴻太(1年)全国高等学校文化連盟書道専門部会長賞(4席
山口拓郎(2年)全国書道高等学校協議会理事長賞
戸次崇彰(2年)全国書道高等学校協議会理事長賞
吉松祐輔(2年)全日本高等学校書道教育研究会会長賞


第52回全国書道展
日時:11月28日(日)
場所:大東文化大学にて
約20000点の出品のうち
団体賞 全国書道高等学校協議会賞
山口拓郎(2年) 外務大臣賞(2位)
藤嵜拓也(3年) 大賞
増岡潤(3年) 推薦賞
戸次崇彰(2年) 推薦賞
北原祐也(2年)推薦賞


第32回読売学生書道展
日時:11月9日(火)~14日(日)  
場所:九州国立博物館にて
約14463点参加
文部科学大臣奨励賞(1席)・・・戸次崇彰(2年)
山口県教育委員会賞・・・山口拓郎(2年)
福岡市長賞・・・田浦大(3年)
太宰府市長賞・・・北原祐也(2年)
※読売新聞11月2日(火)朝刊にて
戸次の記事が掲載されました。
「努力重ね、わずか1年半での快挙」


宮地嶽条幅揮毫大会
後援:西日本新聞社 
日時:9月5日
場所:宮地嶽神社(福津市)
県知事賞・・・・・・・・・田浦大(3年)
県議会議長賞・・・・・・戸次崇彰(2年)
西日本新聞社賞・・・・・・北原祐也(2年)
宗像市長賞・・・・・・・・・野村鴻太(1年)
福津市長賞・・・・・・・・・山口拓郎(2年)
宗像市教育委員会賞・・高橋玄祥(1年)
福津市教育委員会賞・・竹田昂正(3年)


第66回福岡県芸術展覧会
日時:9月7日(火)~9月12日(日)
場所:福岡県立美術館にて展示
3年 藤嵜拓也、竹田昂正、増岡潤
2年 北原裕也、山口拓郎、大田恭平
1年 長田凌、高橋玄祥、野村鴻太


第15回全日本高校・大学生書道展
書道展大賞 藤嵜拓也 北原裕也 
書道展賞 大田 田浦 竹田 戸次 増岡 山口
優秀賞 大田 北原 庄崎 田浦 高橋 藤 長田 藤嵜 戸次
     増岡 吉松


平成21年度の主な記録
第26回成田山全国競書大会
日時:2月6日~14日 地区審査会
日時:3月7日 中央審査会

文部科学大臣賞 高校生の部 条幅 増岡潤

約16万人の応募で特別賞をもらえるのは16名。
文部大臣賞は全3名

<増岡君へのインタビュー>
Q.「いつから書道を始めましたか。」
A.「2年生の4月からです。このとき書道部に入部しました。」
Q.「それまではどうしていたのですか。」
A.「1年のときは野球部でしたが、森田先生に誘われたので、思い切って入ってみました。」
Q.「子供のころから習字をしていたとか、何か経験があるんでしょう?」
A.「いいえ、習い事でもしていませんでした。(入部するまでは)全く経験なしです。」
Q.「書道部に入ってみて、どうですか。」
A.「楽しい・・・そうですね、自分の作品が賞に入ったらうれしいです。」
Q.「今回は約16万点の中からの作品が選ばれたわけですが、感想はどうですか。」
A.「先生方に指導していただいたおかげだと思います。これほど大きな賞をとれるとは思ってもみませんでした。親も相当喜んでいました。」
Q.「いつわかったんですか。」
A.「修学旅行から帰ってきた次の日(注:この日は代休)の朝、先生から電話があって知りました。」
Q.「「日中友好少年少女書道交流団」に選ばれて、今度中国に行くことになりますが(※)、感想をどうぞ。」
A.「万里の長城とか登れるらしいので、けっこう楽しみです。(笑)」
Q.「今後の目標は何ですか。」
A.「8月に高校大学書道展があるので、団体賞をとることを一番の目標にしています。」
(※) 8月4~8日、全国の小学生から大学生までの16名が
北京を訪問。増岡は日中の指導者からの講評を受け、14世紀の日本の僧義堂周信の漢詩を書いた。


第31回読売学生書道展
日時:1月26日(火)~31日(日)  
場所:福岡県立美術館にて
13387点参加
森啓(3年) 藤嵜拓也(2年)


読売書き初めコンクール
高校生624点中
特選 戸次崇彰(1年)
佳作 森啓(3年)、関祐也(1年)


全九州新春書道展
日時:1月4日(月)~11日(月)
場所:福岡県立美術館にて
約600点参加
森啓(3年) 福岡県知事賞


第51回全国書道展
日時:11月29日(日)
場所:大東文化大学にて
約20000名参加 うち、上位13名が受賞
団体賞 学長賞
森啓(3年) 中国大使館賞(4位)
田浦大(2年) 理事長賞
戸次崇彰(1年) 大賞
岩田先生 優秀指導者賞
加藤雄平さん(49期) 文部科学大臣賞(1位)


第23回高文連福岡県大会
日時:11月8日
場所:飯塚市体育館にて
元主浩美(3年)、田浦大(2年)、藤嵜拓也(2年)、大田恭平(1年)、戸次崇彰(1年)が出場
九州女子大学席上揮毫大会
10月4日(日)、九州女子大学にて
33校423名参加 
藤嵜拓也(2年)福岡県教育委員会賞


第22回高文連福岡地区大会
日時:9月19日
場所:筑前高校にて
元主浩美(3年)、田浦大(2年)、藤嵜拓也(2年)、
大田恭平(1年)、戸次崇彰(1年)が、飯塚市体育館
で行われる県大会に出場します。


第14回全日本高校・大学生書道展
日本書芸院主催、
応募総数12501点(漢字6439点、かな5206点、篆刻856点)
8月25日(火)から31日(日)まで大阪市立美術館で優秀賞以上展示
団体準優勝
大賞 糸山遼太(3年)調和体
大賞 竹田昴正(2年)漢字
展賞 青嶋亮(3年)漢字
展賞 糸山遼太(3年)漢字
展賞 元主浩美(3年)漢字
展賞 田崎理澄(3年)調和体
展賞 田浦大(2年)漢字
展賞 竹田昴正(2年)調和体


宮地嶽条幅揮毫大会
後援:西日本新聞社 
日時:9月6日
場所:宮地嶽神社(福津市)
入賞作は9月21~23日に境内にて展示
県知事賞・・・・・・・・・藤崎拓也(2年)
県議会議長賞・・・・・・糸山遼太(3年)
宮地嶽神社宮司賞・・・山口拓郎(1年)
県教育委員会賞・・・・・森啓(3年)
西日本新聞社賞・・・・・・関祐也(1年)
宗像市長賞・・・・・・・・・田浦大(2年)
福津市長賞・・・・・・・・・青嶋亮(3年)
宗像市教育委員会賞・・竹田昂正(2年)
福津市教育委員会賞・・大田恭平(1年)
 

第65回福岡県美術展・書部門
福岡県美術展覧会実行委員会主催
場所:福岡県美術館
青嶋亮(3年)、石田健人(3年)、安河内啓二(3年)、
田崎理澄(3年)、藤嵜拓也(2年)、大田恭平(1年)


日中こども書画展
日時:8月4日~9日
書道部の森啓が中国総領事館賞



平成20年度の主な記録
第30回読売学生書道展
読売新聞社主催、応募総数13387点
文部科学大臣奨励賞   森啓(2年) 4年連続本校書道部が受賞!
福岡県知事賞        青嶋亮(2年)
展覧会は1月27日~2月1日まで福岡県立美術館にて開催。


第30回朝日学生書道展 
朝日新聞社・西部朝日書道会主催、応募総数6919点
中華人民共和国駐福岡総領事館、九州・山口・沖縄の各県・各教育委員会、九州朝日、朝日カルチャーセンター、沖縄タイムズ後援
中華人民共和国駐福岡総領事館賞(2席) 久保喨嗣(3年)
県教育委員賞・教育長賞 西本和史(3年)
推薦 吉村 崇(3年)


第13回全日本高校・大学生書道展
日本書芸院主催、応募総数11284点 
最優秀校 初受賞
8月25日(月)の読売新聞朝刊にて優秀賞以上の入賞者を発表
8月26日(火)から31日(日)まで大阪市立美術館で優秀賞以上を陳列


第50回全国書道展
380団体から22721点(中国・韓国・台湾などからも出展)
最優秀団体賞       東福岡高校書道部
大東文化大学学長賞  山根尚貴(1年)
全日本書道連盟賞    青嶋亮(2年)
書道研究所所長賞    吉村崇(3年)
大東書道大賞      田浦大(1年)
推薦            久保喨嗣(3年)、西本和史(3年)
                           など


第23回高文連書道部門福岡地区揮毫大会
日時:平成20年9月27日(土)
青嶋亮(2年)、糸山遼太(2年)、藤嵜拓也(1年)が県大会出場決定

全ての部活動のレポートを見る