施設紹介

HOME > 施設紹介

施設紹介

※マウスを写真に置くと該当施設が表示されます。

施設紹介

1F

視聴覚室

事務室

正面玄関ホール

書道教室

家庭科教室

Stand

クリックすると拡大します

ギャラリー
ここでは「文武両道」を標榜する東福岡高等学校の歴史と現在の姿を紹介。体育・文化各部に所属する生徒たちが全国規模で活躍し、勝ち取った数多くの優勝旗など展示したり、卒業生の合格大学を掲示しています。「実績の東福岡」の名に恥じない、輝かしい成績の数々です。
2F

スタディールーム

職員室

進路相談室

3F

情報科教室

地歴公民科教室

LL教室

クリックすると拡大します

情報メディアセンター
「本の背表紙がインテリアデザイン」というコンセプトの下、本棚を2階建てにして壁面に設けています。東福岡では読書活動を積極的に奨励しており、常設22,000冊、書庫20,000冊の合計42,000冊にも及ぶ本を所有し、コンピュータによる情報検索も行うことが可能です。閲覧席は210席。屋上庭園に面して雑誌や新聞などを閲覧できるブラウジングルームも設けました。天気の良い日は、屋外で読書を楽しむこともできます。
4F・5F

地学実験室

物理実験室

化学実験室

生物実験室

クリックすると拡大します

創立者德野常道先生記念講堂
新校舎のシンボルである学園創立者德野常道先生の名を冠した記念講堂があります。860人を収容でき、300インチの映像スクリーンを完備。音響性能は講演に最も適した残響時間1秒に設定されています。学校の式典や講演会をはじめ、演劇や演奏会も上演可能な機能を持っています。用途に応じて舞台は前面に広げることもできます。
雄飛館(体育館兼講堂)

外観

アリーナ

トレーニングルーム

屋外(校内)

校舎

正門

東福岡自彊館中学校

センターサークル

プール

クリックすると拡大します

グラウンド(人工芝)
ヤフードームグラウンドの約1.7倍という広さの本校のグラウンドでは、九州の高校では初といえる全面人工芝化を導入。ドイツなどのプロサッカーチームのホームグラウンドにも使われている最先端の人工芝を使い、けが防止とともに砂の飛散を解消。さらに温度制御チップを組み合わせることで夏場の表面温度は一般の人工芝よりも8度マイナスとなっています。生徒の安全に配慮して、ラグビーコートには緩衝材(ショックパッド)が埋め込まれています。
寮・合宿所

青雲館(合宿所)

香椎校地

BIG BOX

野球場

テニスコート

自彊館中学校の施設

東福岡自彊館中学校 校舎

スタディルーム

ふれあいホール

学習図書室

LL教室

理科教室