ブログ

HOME > ブログ

2012年09月29日

教え子に乾杯!
 体育祭の余韻も落ち着き、秋到来の足音は確実に大きくなっています。 3年生は、進路達成・大学受験に向けての正念場です。第一志望・現役合格にこだわり、「現役生は入試当日まで学力は伸長する」ことを信じて、夢実現へのラストスパートです。
 この夏、教え子であるH君の結婚披露宴に招かれました。彼は、大学院を修了し中学校などで講師を続けていましたが、今年度から県外の中学校で英語の教諭として働いています。年齢は30代半ば、正式採用になる日を本人同様待ち望んでいましたので、連絡があった時は私も思わず大きな声を出していました。3月終わりに、赴任するにあたって訪ねてくれた時に一緒に撮った写真が、披露宴で紹介されました。ご夫婦共々、新しい土地での生活には戸惑いもあることと思いますが、「子ども達の明るい笑顔に毎日元気をもらっています」というメールに、こちらも元気を分けてもらっています。
 先日の同窓会総会の会場では、T君と卒業以来の再会を果たしました。四十路を過ぎた彼は、大手企業の管理職として活躍しています。「変わっていないね」「変わりませんね」から始まった懐旧談は、お互い笑顔、笑顔でした。後日送られてきた「久しぶりの出会いは、私自身ふと立ち止まってこれまでを振り返るいい機会になりました。」との便りに、若さだけで突っ走っていたような当時のわが身を想起させられ、私の方こそ「足元」を見つめる機会をプレゼントされた思いでした。
 卒業生の皆さん、いつでも恩師に会いに来てくださいね。(I)
  • <<
  • 1
  • >>